スポンサーリンク

映画「オケ老人」みんなを笑顔にしてくれる映画です!

「ちょんまげぷりん」を書いた荒木源さんの小説を基にかかれた音楽ドラマ。なんだかハッピーな気分にさせてくれる映画ですよん♪ 評価(82点/100点)

あらすじ紹介をザクッと

バイオリンが趣味の数学教師の小山千鶴(杏)。梅が岡高校に赴任した彼女は、地元の文化会館でのアマチュアのオーケストラによる見事な演奏を耳にして入団を決意する。だが、彼女が入ったのは老人ばかりの梅が岡交響楽団で、文化会館で演奏していたのはエリート楽団として知られる梅が岡フィルハーモニーだったと知ってがく然。退団しようとするも、その後指揮者を務める羽目になり……。(2016年11月11日公開)細川徹監督 シネマトゥデイ

感想と視点、見どころ

タイトルの「オケ老人」から、コメディなのかな?と見ていたんですが、これがね、肩を張らずに見れて、笑いあり&感動ありで、なかなかいいですよ〜。

主人公の小山千鶴(杏)が、成長していく姿が素晴らしいんです。理想を追い求め、頑張り続けるんですが、なんだかしっくりこない。

いい演奏は?アートとは?

いい演奏って..なんだろう?

演者やアートって、見てくれた人に何か訴えかける、心を動かす..何かがないとダメ。何でも、うまいだけはダメなんです。

小山千鶴(杏)は言います、野々村秀太郎(笹野高史)に。

「野々村さんのバイオリンは下手だけど、愛があります。」

この言葉にこの映画の全てがあり、そのひとりひとりの楽団員の愛の集合体が、この「楽団」にありました。

うまい演奏だけを求めた楽団、下手だけど愛がいっぱい詰まった「楽団」との対比が、すごくいい。

なんだか勇気をもらえる..そんな映画でした(^^)

▼映画公式ページ
映画『オケ老人』公式サイト

▼予告