スポンサーリンク

映画『後妻業の女』感想レビュー

演技派「大竹しのぶ&豊川悦二」コンビによる見応えある作品。ハマり役かつ最後まで飽きせないふたりの演技力はさすがでござる(72点/100点)

後妻業の女

あらすじ

結婚相談所社長の柏木亨(豊川悦二)とその女性会員、竹内小夜子(大竹しのぶ)が結託し、独り身の高齢男性の後妻におさまりその資産を狙う。そのきっかけ作りとなる婚活パーティーで小夜子は資産家の中瀬耕造(津川雅彦)と出会う。小夜子は無事に後妻になり、その後に死去。公式証書遺言状まで作り、遺産を全て相続しようとする小夜子、それに憤慨した中瀬の次女、朋美(尾野真千子)が元刑事の探偵、本多(永瀬正敏)を雇い、小夜子の身辺調査を行う..(2016年作品)鶴橋康夫監督。

▼公式HP

あなたの愛とお金、狙われてませんか&? 直木賞作家・黒川博行×名匠・鶴橋康夫による人間喜劇『後妻業の女』、2016年8月27日公開。

評価レビュー

悪女「大竹しのぶ」、詐欺師「豊川悦二」の好演で物語は進みます。

大竹しのぶはこれ以上ないくらいのハマり役。女優魂と言うか大竹さんの思い切りの良さはいつも見ていてさすがだなぁ〜と感心しきりです。豊川悦二さんのあの「何が悪いねん、俺の!!」という演技はいつも痛快ww

スラスラとした台詞回しは全く違和感なく、うまいなぁ〜と見入ってしまいますww

ただ..その分だけ今回の永瀬正敏さんの演技が残念でなりません(涙)。探偵で登場するんですが、この映画を左右するぐらい後半を盛り上げるべく重要な役割。う〜ん、なんか普通に演じちゃった感が否めない!!くーーー、好きな俳優さんだけに期待度もあって、くそ物足りない、永瀬さぁーーーん(涙)

スマグラーで見せた好演を期待したのですが、うーーん、こういう役柄は苦手なのかもしれませんね。

尾野真千子さんは何度かTVで素のあっけらかんとした関西人気質の気の強い面を見せてくれているんですが、実は気の強い女性よりも物静かな役柄の方が数段うまいんですよね。

今回も大竹しのぶさんとの居酒屋での取っ組み合いシーンがあるんですが、大竹さんは迫力満点!尾野さんは大先輩に遠慮したのか手加減しているのがわかっちゃいました。この役はハマり役のに見えて実は気の強い役柄での好演はまだないかも?!

演技評価(◎◯△×)

大竹しのぶ →◎
豊川悦二 →◎
尾野真千子 →△
永瀬正敏 →×

勝手にキャスト!

監督になった気分で別パターンの配役を考えてみました。※現キャスト禁止

大竹しのぶ →薬師丸ひろ子
豊川悦二 →渡部篤郎
尾野真千子 →小西真奈美
永瀬正敏 →松尾スズキ

大竹しのぶさんとはまた違う角度の悪女を演じてくれそうな女優さんを思い浮かべてみました。そうすると・・もの静かで、しっとり悪女を演じる..薬師丸ひろ子さんなんていかがでしょう??薬師丸さんっておっとりしながらも急に顔を変えてサラッときついこと言っちゃいそうじゃありません?

そこに軽快な渡部篤郎さん独特の言い回し&テンポがプラスされると・・どんなケミストリーが起きるか見てみたいと思いません?いいと思うんだけどなぁ〜

次に次女役には小西真奈美さん。小西さんこそ気の強い女を演じさせたらピシッ!と決めてくれんですよね。なかなか向こうっ気の強い女性です。こういう役を演じさせるとハマり役で演技もうまい。

尾野真千子とはまた違った気の強い女性を演じてくれそうで、これも見ものです。

そして後半の「鍵」となる探偵役には見た目&演技共にひと癖のある松尾スズキさんを投入!あの存在感、違和感(笑)、なんかワクワクしますねww

さて、あなたならどんな配役を考えます?

▼感想なんかはこちらで書いてます♪

原作はこれなんだって!