スポンサーリンク

脳男

2323

脳男をめぐるバイオレンスミステリー。設定、内容は興味深くて見入ってしまう作品。

評価 54点 

あらすじ

残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。共犯者と見なされた一郎は犯行が常軌を逸したものだったため、精神鑑定を受けることに。担当となった精神科医・鷲谷真梨子(松雪泰子)は感情を表さない一郎に興味を持ち、彼の過去を調べ始めるが……。

Yahoo映画より

予告

レビュー

のっけから痛〜いシーンで始まり、随所に出てくる残虐なシーンが効果的に最後まで緊張感を保ってくれます。内容的には想像していたストーリーと違ってました(^^;)

一番気になったのは護送車で最初の接触シーンが何だかとてもアッサリしていて少しガクッとなりました。あそこはもう少し印象的な接触シーンにしてほしかったぁ〜と・・。そうすれば最後はかなり効いてくるんだけどなぁ〜。

ラストも同じく、もうひとつ盛り上がりがほしかったなぁ〜と。

二階堂ふみちゃんは最初の方はかなり不気味な感じで好演だったのに、最後の方は少し普通っぽくなってしまってたのが残念・・。生田斗真くんの車に立ち向かうシーンはもう少し不気味さがほしかったなぁ〜。

ただ、このシーンの松雪泰子さんの演技は凄かった!恐怖心、痛々しさがズッシリ伝わってくる。さすが。。としか言いようがない・・と考えれば、ラストはもっと印象深いシーンに俳優次第ではなったのかも?!なんて意地悪なことを考えてしまう・・。

若いふたりなので今後に期待(^^)

ラストシーン 

評価 ★★☆☆☆

グダグダとした会話で終わる・・ちょっとイケてないなぁ〜。少し痕跡みたいなもので脳男の仕業だと気づかせ、松雪泰子さんが「ハッ」と振り向くシーンなどで終われば良かったかも???などと想像してしまう〜(^^)