スポンサーリンク

映画『ラブ&ピース』感想レビュー

020202

おもちゃが出てくる、しゃべる、エトセトラ・・どこかで見たストーリーwww そして「亀と女」はあの映画ですねww 園さんがぶっ飛んだ作品を撮ってくれましたね~こういうの好きです(^^) 72点/100点

あらすじ

ロックミュージシャンになる夢を諦めて以来パッとしない毎日を送るサラリーマン鈴木良一(長谷川博己)は、職場の同僚・寺島裕子(麻生久美子)が気になっているものの話し掛けることができない。ある日、1匹のミドリガメと運命的に出会いピカドンと名付けるが、同僚に笑われてトイレに流してしまう。すぐに後悔する鈴木だったが、ピカドンは下水道を通って地下に住む謎の老人(西田敏行)のもとにたどり着き……。園子温 yahoo映画より

内容

ダメダメ男の序盤戦。長谷川博己さんのやり過ぎ感もテンションが良くて見ちゃいますwwただ中盤~終盤が少しもたついたかな??西田敏行さんのシーンはもう少し短く良かったし、コンサートまでのシーンがちょっとモタついていて残念。でも、なにわともあれ、こういうファンタジーものはいつも途中で飽きちゃうんだけど案外見れたんだよね~。

ピカドンをカメと呼んだあたりに集約されているとは思うんだけど、中盤をもう少し短くして、家に戻ったラストはもう少し長くわかりやすい方が良かったな~。長谷川博己さんのナレーションを入れるとかね。もう少し締まったかな??

高めテンションで最後までやり切っちゃうところが最高に良いなぁ~。中盤~終盤にスピード感があればかなり違った評価になったかも??心に残ったシーンはピカドン(カメ)が日本スタジアムを目指し行進するシーン!あのバックに流れる第九がとても良かったな~

キャスト評価

長谷川博己さん、うまいですね。やりすぎ感が溢れる冴えない序盤の感じも全く嫌味なくうまくコミカルに演じ切っちゃってましたね~。そして段々かっこ良くなっていく様も全く違和感がなくスムーズに演じ切っちゃってました。

こういう描写って、演技力が足りない演者さんならどこかで違和感が出てくるんですが、同じテンションで変わっていく様を演じちゃってるのがすごい!!「進撃の巨人」の中でカッコいい長谷川博己さんを見た後だったのでその落差がすごいwww 

麻生久美子さんは・・なんでこの役をキャストされたんだろう・・?!麻生久美子さんの良さはこの役では生きませんね・・。忽那汐里さんあたりが面白かったかも?!

マキタスポーツさんは完全にこのあたりの配役を陣取っていますね。使いたくなる演者さんです。そして後で気づいたのですが、おもちゃの声優役で星野源さん、中川翔子さんなども出演されていました!!隠れキャラ?www

222

関係者インタビュー

ラブ&ピースの必見、インタビュー。今注目の俳優・監督とのインタビューを通じて映画「ラブ&ピース」の注目ポイントを紹介