スポンサーリンク

たみおのしあわせ

00001

あらすじ

父と暮らす民男(オダギリジョー)は、女性との付き合いが得意ではない青年。そんな彼が父・伸男(原田芳雄)の上司の紹介で見合いをし、見合い相手の瞳(麻生久美子)と結婚を前提にした交際を始める。優柔不断で何事も成り行きまかせの民男は無事に挙式の日を迎えるが、彼は本当の幸せを結婚に見いだすことができるのか……。監督 岩松了

yahoo映画より

予告

内容 25点/40点


原田さんとオダギリジョーさんのやり取りが日常の親子のスレ違いを演出していた。ただコミカル??なのかそうじゃないのか??中盤から終盤までわからなかった^^; 正直、小林の関係はもう少し地味な演出で良かったんじゃないかな??あそこ派手に盛っちゃったんでかなり方向性がぐっしゃりしちゃった感あり。オダギリさん、原田さんのやり取りでもう少しクスッと笑える感じで進行できたんじゃないかなって思う。なんか異物感の漂う、フラフラした仕上がりの映画だったなぁ・・。

配役 20点/30点


原田さんはさすがですね。見事に演じられますよね。オダギリジョーさんはこの頃からキラッと光るモノを見せつつ、やっぱり2007年の作品(9年前)なので今と比べてキャリア不足が否めないですね^^; 麻生さんはハマってました。大竹しのぶさんって、何をやっても大竹しのぶさんですよね~好き嫌いになるのか評価しづらい女優さんです^^;

ラスト 10点/30点


最後は有名映画のオマージュ??を感じさせられる。これがやりたかったのか、何だかよく分からなくなった・・。ハッキリって要らない。ふたりで式場から駆け出すシーンからバスの中で顔を見合わせたふたりがニヤッと笑って終わるのがこの映画の位置づけを決めれる理想的な終わり方だった気がするなぁ。

 

総評 55点/100点 


後足しで詰め込み過ぎた作品のような気がしてならない。。コンテンツをゴツゴツ合わせた感じなので場面毎に見どころ&面白さは備わっているんだけど、がやっぱり違和感満載の仕上がりになっているのは否めないなぁ~。